ページ内を移動するためのリンクです。

世界遺産詳細

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-

所在地 岩手県
分類 文化遺産
登録年 2011年
遺産名 Hiraizumi-Temples,Gardens and Archaeological Sites Representing the Buddhist Pure Land
具体的な物件 中尊寺(ちゅうそんじ)、毛越寺(もうつうじ)、観自在王院跡(かんじざいおういんあと)、無量光院跡(むりょうこういん)、金鶏山(きんけいさん)

平安を願って表現された奥州藤原氏の建築・庭園

浄土を表す寺院、庭園及び考古学的遺跡から成るこの遺産は、聖なる山である金鶏山を含む5つの資産で構成されています。平泉は、11世紀から12世紀に京都と肩を並べる日本の北方領域の政治・行政上の拠点でした。その空間は、8世紀に日本に広まった浄土の世界観に基づいており、人びとが来世とともに現世の平安を切望して仏国土(浄土)を表現したものです。

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま