ページ内を移動するためのリンクです。

世界遺産詳細

石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山遺跡とその文化的景観

所在地 島根県
分類 文化遺産
登録年 2007年
遺産名 Iwami Ginzan Silver Mine and its Cultural Landscape
具体的な物件 銀山柵内(ぎんざんさくのうち)、代官所跡(だいかんしょあと)、矢滝城跡(やたきじょうあと)、矢筈城跡(やはずじょうあと)、大森(おおもり)・銀山(ぎんざん)、宮ノ前(みやのまえ)、熊谷家住宅(くまがいけじゅうたく)、羅漢寺五百羅漢(らかんじごひゃくらかん)、石見銀山街道鞆ケ浦道(いわみぎんざんかいどうともがうらどう)、石見銀山街道温泉津(いわみぎんざんかいどうゆのつ)・沖泊道(おきどまりどう)、鞆ケ浦(ともがうら)、沖泊(おきどまり)、温泉津(ゆのつ)

世界に知られた銀の産地

石見銀山は、16世紀から20世紀の銀の採掘・精錬施設などを中心として銀の鉱山地帯です。
この銀鉱は、日本の金銀の生産を促進し、また東南アジア全体の経済発展に貢献しました。銀鉱山跡と鉱山町、港と港町、及びこれらをつなぐ街道が遺産地域に含まれており、鉱山開発や土地利用の総体を表す文化的景観の価値が認められています。

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま