ページ内を移動するためのリンクです。

世界遺産詳細

明治日本の産業革命遺産

明治日本の産業革命遺産

明治日本の産業革命遺産
所在地 山口県、鹿児島県、静岡県、岩手県、佐賀県、長崎県、福岡県、熊本県
分類 文化遺産
登録年 2015年
遺産名 Sites of Japan’s Meiji Industrial Revolution: Iron and Steel, Shipbuilding and Coal Mining

具体的な物件

エリア 構成資産名
萩反射炉
はぎはんしゃろ
恵美須ヶ鼻造船所跡
えびすがはなぞうせんじょあと
大板山たたら製鉄遺跡
おおいたやまたたらせいてついせき
萩城下町
はぎじょうかまち
松下村塾
しょうかそんじゅく
鹿児島 旧集成館
きゅうしゅうせいかん
寺山炭窯跡
てらやますみがまあと
関吉の疎水溝
せきよしのそすいこう
韮山 韮山反射炉
にらやまはんしゃろ
釜石 橋野鉄鉱山
はしのてっこうざん
佐賀 三重津海軍所跡
みえつかいぐんしょあと
長崎 小菅修船場跡
こすげしゅうせんばあと
三菱長崎造船所 第三船渠
みつびしながさきぞうせんじょ だいさんせんきょ
三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン
みつびしながさきぞうせんじょ じゃいあんと・かんちればーくれーん
三菱長崎造船所 旧木型場
みつびしながさきぞうせんじょ きゅうきがたば
三菱長崎造船所 占勝閣
みつびしながさきぞうせんじょ せんしょうかく
高島炭坑
たかしまたんこう
端島炭坑
はしまたんこう
旧グラバー住宅
きゅうぐらばーじゅうたく
三池 三池炭鉱・三池港
みいけたんこう・みいけこう
三角西港
みすみにしこう
八幡 官営八幡製鐵所
かんえいやはたせいてつしょ
遠賀川水源地ポンプ室
おんががわすいげんちぽんぷしつ

日本の近代化の礎となった産業遺産群

19世紀後半から20世紀初頭の日本において、西洋から非西洋への産業化の移転が成功したことを示す一連の産業遺産群で、九州、山口県を中心に広範囲に広がる23の構成資産からなる。封建制度下の日本が欧米からの技術移転を模索し導入した技術を、国内の需要や伝統に適合するよう改良し、日本が短期間で世界有数の産業国家になった過程を物語る。製鉄・鉄鋼、造船、石炭、という基幹産業からなる技術の集合体は、非西洋国家で初めて産業国家化に成功した世界史上特筆すべき業績を証明している。

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま