ページ内を移動するためのリンクです。

世界遺産詳細

琉球王国のグスク及び関連遺産群

琉球王国のグスク及び関連遺産群

所在地 沖縄県
分類 文化遺産
登録年 2000年
遺産名 今帰仁城跡(なきじんじょうあと)、座喜味城跡(ざきみじょうあと)、勝連城跡(かつれんじょうあと)、中城城跡(なかぐすくじょうあと)、首里城跡(しゅりじょうあと)、園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、玉陵(たまどぅん)、識名園(しきなえん)、斎場御嶽(せーふぁうたき)

南海に花開いた華麗な王朝文化

12世紀から17世紀にわたり独自の文化を築いた琉球王国の歴史は県内に点在する9つの遺跡によって代表されます。高台にそびえる廃墟の城(グスク)は、その時期の社会構造を、斎場御嶽などの聖地は現代における古代宗教の存続を表しています。

首里城は15世紀初頭に統一王国を築いた尚巴志によって整備され、王国の政治・行政・外交・貿易・文化の拠点となっていました。

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま