ページ内を移動するためのリンクです。

教育現場の皆さま

日本ユネスコ協会連盟では、学校で取り組めるプログラムや教材を提供しています。

持続可能な社会づくりのためのプログラム

他者と協力する態度、つながりを尊重する態度、進んで参加する態度、コミュニケーション力、問題解決力などをこれからの社会を担う若者が身に付けることを目指しています。

ESD 小・中・高校対象

ユネスコ協会ESDパスポート

ボランティア活動への参加を応援するために、ユネスコ協会からESDパスポートを発行します。子どもたちは、ユネスコ協会をはじめとする市民団体などのボランティア活動に参加し、活動時間に応じてパスポートに認定単位(ボラン)を記録します。

一定ボランに達するとユネスコ協会が「活動認定証」を発行し、年1回の「ESDパスポート体験会」では、ボランティア経験による学びを共有し、発信します。地域でのボランティア活動を通じて、人との“出会い”や自然や社会との“つながり”を広げ、地域の課題解決のために自ら考え、行動する市民として成長することを目標としています。(協力:株式会社クラウン・クリエイティブ)

ESD 小学校高学年対象

サイエンススクール

「いのちと健康」をテーマに、これからの将来を担う子どもたちに生命や科学への興味をもつきっかけとなることを願い、製薬会社MSDとのパートナーシップのもと2011年度から実施しています。

小学校5,6年生を対象に全国の小学校で、理科の時間、総合的な学習の時間などで実施、病気の原因や治療法を発見した科学者たちのエピソードや軟こうづくりの体験学習を通して、“科学者たちのルール”「観察」「予想」「証明」を楽しく学んでもらいます。(協力:MSD株式会社)

教材提供

独立したワークからなっていますので、時間数にあわせ、総合的な学習の時間や教科単元でお使いいただけます。総合的な学習の時間や教科単元でお使いいただけます。

環境学習 小・中学校対象

守ろう地球のたからもの~豊かな自然編

わたしたちの生活に関わる身近な話題から豊かな自然について学び、子どもたちが、持続可能な社会づくりについて、しっかりと考える基礎が身に付くことを目指して、製作されました。WEBからダウンロードしてお使いになれます。

世界遺産学習 小・中・高校対象

守ろう地球のたからもの~豊かな世界遺産編

地球のたからものである「世界遺産」の学習を通じて、異文化理解、環境、生物多様性、平和と人権、人とのつながりについて、学びます。独立した14のワークからなっていますので、理科、社会などの教科単元や総合的な学習の時間などでお使いいただけます。授業でお使いになられる学校に1校1冊、本教材を寄贈いたします。世界遺産DVD、ワークシート付。お申込みはこちらから

絵画コンクール

小学生対象

三菱アジア子ども絵日記フェスタ

「伝えたいな、私の生活」をテーマに、日本をはじめとする、アジア24ヶ国・地域の子どもたちから、絵日記を募集します。国・地域を越え、お互いの文化や生活に触れ、理解を深めることを目的に、三菱広報委員会と共に実施しています。

幼稚園~小学生(4歳児以上から小学校6年生以下)対象

「みどりの絵コンクール」

子ども達に、自然に親しみ、自然の美しさ・大切さを知ってもらおうと「みどりの絵コンクール」を実施しています。「みどりの絵」部門、「わたしが守りたい身近な自然」部門があります。学校賞として、応募点数に応じて世界自然遺産周辺地域に植樹を行ない、植樹証明書を学校にお送りしています。

野外活動

小中学生対象

子どもキャンプ

自然環境の中での集団生活を通して、子どもたちが生命の大切さ気づき、思いやりの心を持って「心の中に平和のとりでを築く」ユネスコの精神を育むをことを目的に、毎年夏に開催しています。

減災・防災教育

減災・防災教育

アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラム

減災・防災教育に取り組む学校への活動助成を行います。
東日本大震災の経験からの学びを日本各地の地域社会で活かし、今後起こりうる災害に備えるため、地域の防災拠点として重要な役割を果たす「学校」における減災(防災)教育を推進することを目的に、平成26年度から実施しています。

本プログラムでは、活動助成とともに、助成決定校の先生方が東日本大震災の被災地を視察し、大震災の経験や教訓からの学びを全国の学校現場の減災・防災教育に活かしていただくことを目的とした教員研修会と活動報告会もあわせて実施します。
プログラムWebサイトはこちら


主催:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
協力:アクサ生命保険株式会社
プログラムコーディネーター:及川幸彦氏

【助成金概要】
助 成 の 対 象    自然災害(例:地震、津波、台風、豪雨雪、洪水・・等)に備えるための「減災(防災)教育」に取り組む小学校、中学校、高等学校
助成の対象分野   減災・防災教育の授業実践に必要なもの等
助 成 金 額        1校につき助成金10万円(一律) ※小学校・中学校・高等学校を合わせて約20校への助成を予定しています。
申 請 締 切        平成28年4月1日(金)~5月16日(月)郵送必着
応募要項・申請書
◎申請方法や留意点など、詳しくは応募要項をご覧ください。

■平成28年度の応募要項はこちら
■平成28年度の申請書はこちら
[教員研修会]
日程:平成28年9月19日(月・祝)・20日(火)・21日(水) 2泊3日
場所:宮城県気仙沼市
        岩手県一関市
[活動報告会]
日程:平成29年2月24日(金)
場所:東京都
■プログラム紹介映像はこちら  ※著作:アクサ生命保険(株)

■過去の活動報告
平成28年度の助成校一覧(PDF)
平成27年度の助成校一覧(PDF)
平成26年度の助成校一覧(PDF)
平成27年度に参加した先生からのコメント (PDF)
平成26年度に参加した先生からのコメント (PDF)

「アクサ ユネスコ協会減災教育プログラム」とは・・・
これからの社会を担う子どもたちが学び、考え、取り組む「減災(防災)教育」を実践する小・中・高校を対象にした活動助成事業です。本事業では、活動助成とともに、東日本大震災の被災地域への訪問を通して大震災の経験を学ぶ教員研修会や、全国各地の実践を学び合う活動報告会を実施します。とりわけ、自然災害においては被害を完全に防ぐことが困難であることを前提に、被害をできる限り最小限に抑えることを目指す「減災」の観点から、避難訓練を中心とした従来型の活動にとどまらず、災害に対して総合的な視点を持ち、より実効性の高い減災(防災)活動に取り組むことを目指しています。

【お問い合わせ】 
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟・減災教育係
電話:03-5424-1121

ユネスコスクールの先生方へ

日本ユネスコ協会連盟は、持続発展教育(ESD)の推進拠点として、ユネスコスクールの活動を応援しています。

三菱東京UFJ銀行のご協力のもと、次のプログラムを行っています。

ユネスコスクールESDアシストプロジェクト

ユネスコスクール加盟校を対象に、活動費用の助成を行います。

ユネスコスクールESD国際交流

ユネスコスクールの高校生を、フランスとドイツに派遣します。訪問先での環境学習やユネスコスクールとの交流などを通じて、視野を広げ、ユネスコスクール間での幅広いネットワークを築き、地域社会に貢献できる人材へと成長することを目指しています。

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま