ページ内を移動するためのリンクです。

活動報告

カンボジア

基本情報

年間世界中から250万人程の観光客が訪れる世界遺産「アンコール」。この遺跡があるシェムリアップ州では、観光業の恩恵を受けている都市部と農村部に経済的な格差が生まれています。また、1975年から約4年間続いたポル・ポト独裁政権によって、人口の約4分の1もの人びとが虐殺され、教育システムが崩壊しました。

Loading...

プロジェクトの背景

不安定な収入

支援村の住民の多くは農民ですが、洪水や干ばつにより十分な農作物が収穫できず、収入が安定していません。副業の収入も不安定なため、貧困農民の半分は1年のうち3~6ヶ月間、食べ物に困る生活をしています。

人材不足

ポル・ポト政権時代に、多くの知識人が虐殺されるとともに、多くの国民の命が奪われたことで、35歳以上の人材が大きく不足しています。

初等教育の中途退学が多い

貧困、親の教育に対する理解不足、児童に学習習慣がないため授業を理解できない、学校などの不特定多数の人びとが集まる環境に児童が適応できないためといわれています。

活動概要

シェムリアップ州内の貧困地域に暮らす人びとを対象に、識字教育や収入向上支援を行うと同時に、モデルとなる寺子屋(CLC)を設立し、その運営に必要な知識や技能を行政職員にノウハウを伝えるなど、人材育成にも力をいれています。

これまでの活動成果

対象地域:シェムリアップ州内7地域

寺子屋で技術を学んだ人の収入向上

50ドル→170ドルに収入アップ
寺子屋の養豚トレーニングを受け、小口融資50ドルで購入した豚を2ヵ月間飼育し、170ドルで売り出すことができ、収入向上につながっています。

教育政策に寺子屋採用

政府の教育政策(非識字者をなくす)において、寺子屋(CLC)が有効なメカニズムであると認識され、寺子屋を全国に設置することが決定しました。

人びとが集う習慣づくり

今まで村の中の住民が公的に集まれる場所がなかったため、集いの機会が限られていました。しかし、寺子屋ができてからは、寺子屋に好きな時に集まって集会を開くことができ、選挙や仏教の祭典を開催することもできるようになりました。

2013年度の活動報告

ルウィア・クラン寺子屋

■12軒目の寺子屋が完成しました

バリン郡ルウィア・クラン村に12番目の寺子屋が完成しました。運営の代表者は、設立前の説明会で興味を持った村人の中から選挙で選ばれました。シェムリアップ州すべての郡に寺子屋ができるまで、あと2ヵ所(スヴァイレウ郡、スレイスナム郡)です。

識字クラスの様子

■大人にとっても勉強は大事。識字クラスを実施しました

政府と協力して30の識字クラスを実施。8ヵ月間で4冊の教科書を勉強し、最終試験に合格すると卒業できます。仕事が忙しく途中で辞めてしまう人もいましたが、2013年度には724人が無事に卒業できました。授業は寺子屋以外の一般の民家でも行われました。

ホテイアオイ商品

■技術訓練で収入アップ。ココナッツ製品づくりを始めました

識字クラス卒業生を中心に、収入向上のための技術訓練を実施しています。リエンダイ寺子屋では、ココナッツやヤシの木のスプーンや小物入れなどの製作が開始。チョンクニア寺子屋では新しいデザインのホテイアオイ製品が誕生し、売上の一部は寺子屋の運営にも使われています。

復学支援特別クラスに通う子どもたち

■中途退学した子どものための復学支援特別クラスに通う子どもたち

貧しさが原因で小学校をやめてしまった子どもたちが再び学校に戻れるように、復学支援クラスを開始しました。3軒の寺子屋で4クラスが実施され、10~16歳の90人の子どもが勉強しました。遠くに住む子どもたちも勉強しやすいように、通学に必要な自転車やリュック、文房具、制服などの提供も行い、さらに子どもたちが十分な栄養を得られるように月2回の給食サービスも行いました。復学支援クラスの修了生は、小学校の卒業資格を得て中学校に進学することができます。

成人識字率(15歳以上):74%
開始年:2006年
実施団体:日本ユネスコ協会連盟カンボジア事務所
現地パートナー:シェムリアップ州教育青年スポーツ省ノンフォーマル教育課

公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル12階

アクセスマップ
Loading

支援のお願い(活動への参加)

日本ユネスコ協会連盟の活動資金は、皆さまの寄附金によって成り立っています。皆さまのご支援・ご協力をお待ちしております。

関係者の皆さま